« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水曜日)

沸騰まであと何度?

4年生が理科室で実験中。

懐かしいですね。こんな実験,しました,しました。昔から変わらない「沸騰」までの観察。

Dscn3777 Dscn3778

「ほら,ほら,泡が出てきたよ」 「ここから何が出てくるのかな?」

時代は変わっても,アルコールランプの形はそのまま。なぜか安心します・・・。

                                             drama管理人drama

売れ筋とびなわ・習字紙

ちょうど子どもたちの登校時刻に合わせたような雨。さっと降って,ぱっと止み。

今は,小さな青空ものぞいています。このまま傘のいらない午後になればいいですね。

Dscn3808 Dscn3799

11月最後の日,学級PTA(上学年)は,駐車場がまだぬかるんだ状態かもしれません。

できるだけ,徒歩あるいは乗り合わせでお願いします。

こんな雨模様の日は,なぜか朝から購買部が混雑します。これは,デパートと同じ!?。

そこで,今の売れ筋を聞いてみると・・・。

Dscn3804 Dscn3802

1位・・・とびなわ 2位・・・習字紙   ※ 参考までに,とびなわは今,1本120円

習字紙を買い,その場に習字道具を忘れて教室へ行こうとする子もいて,朝から笑っています。

                                               sprinkle管理人cloud

2011年11月29日 (火曜日)

ガンダムでいっぱい

3年生の「Iくん」は,とても漫画上手。

「うまく描けたから1枚どうぞ・・・」と初めて部屋に持ってきてくれてから約半月。

最初は,おそるおそるのぞき込みながらの入室でしたが,最近は堂々と笑顔で訪れます。

せっせと校長室に届けられる「ガンダム」は,いつの間にかこんなにいっぱいになりました。

Dscn3757 Dscn3758

そのうち,個展ができるかもしれませんね。

少しずつ色や形を工夫して変えていること,そして,黙々と真剣に色鉛筆を動かす姿・・・。

いろいろな思いが見えてきて,こうして飾って眺めるのが楽しみなっている最近です。

ちなみに,今日もまた放課後に3枚が追加されました。

                                                pencil管理人art

サンゴの「城」

榕城小は,その名の通り『榕(あこう)』の木を象徴する「城跡」ですが・・・。

掃除時間に,改めて正門脇の城壁(石垣)を確かめてみました。

Dscn3788 Dscn3789

この軽い石。実は,南の島らしい「サンゴ」でできているのですね。

こんな石垣により,一段も二段も高い場所に位置している校舎。

長い長い歴史と,これらの石を運び,組み立てている人々の様子が見えてくるようです。

さて,昨日発表された「青の俳句」入賞作に,本校からも4年・5年・6年の特選がありました。

Dscn3787 Dscn3325

最高賞の作品は,『きょうりゅうが 見ていた月を ぼくも見る』(小学校3年生)でしたね。

時空を越えた壮大な発想に,「なるほど」とうなずきながら,伝統ある石垣を重ね見ています。

                                              moon1管理人moon3

「足跡」を残しておくこと

学習の履歴になる「ノート」。

5年生では,画用紙をつなげ,教材文を印刷した「特別ノート」が準備されていました。

Dscn3794 Dscn3796

その下に資料を貼り付け,考えを記入しながら,蛇腹式に学習の足跡footが残されていきます。

こうして,自分だけのノートが完成していくのですね。

さて,記録(足跡を残すこと)の大切さは,振り返って初めて分かることです。

今日はあたたかい一日ですが,一昨年のメモを見ると,新型インフルエンザで学年・学級閉鎖。

何と113名が欠席で,保健所,学校医,市教委との連絡が飛び交うたいへんな時期でした。

本日,病欠は9名。落ち着いてはいますが,「風邪」の文字がちらほら・・・。

今年は,念のため早い段階からストックしてある消毒液を使用して,忘れず予防に努めます。

                                               movie管理人camera

2011年11月28日 (月曜日)

「放課後」は楽し・・・

授業でもない,家に帰ったわけでもない。

ほんの少しの放課後は,子どもたちの学校生活で「半自由」時間。

思い思いの仲間と,宿題に取り組もうとしています。

宿題をしているはずが,遊びのこと,友達のこと,いろいろな話題に広がっていくのでしょう。

Dscn3589 Dscn3590

黙って聞いていると,会話の内容が,かわいくて,おもしろくて・・・。すべてが真剣で・・・。

サンマ(3間)が足りない』・・・時間・空間・仲間

と言われている現代の子どもたちです。

こんな小さなふれあいを,大切にしてあげたいと思いながら眺めています。

                                              baseball管理人soccer

「天声人語」は先輩発案

西村天囚さん(1865~1924)は,今から約150年前に,種子島西之表で生まれました。

そして,本校初代校長,前田豊山先生に学んだのです。

以後,明治15年には東京大学文学部に入学。

朝日新聞記者となり,明治35年にはその記者団の中心となりました。

今では有名な,「天声人語」というコラム欄は,この西村天囚の創案と言われています。

Dscn3760 Dscn3775

昨日は,新聞感想文コンクールの学校賞をいただき,5年生Mさんが「3席」に入賞しています。

南日本新聞の「馬毛島」関連の記事から考えたことを書いて応募したとのこと・・・。

その新聞の読み方までインタビューする全校朝会でした。

後輩も活躍の今,これからも,この本校大先輩にあやかりたいですね。

Dscn3768 Dscn3776

今朝は,この後,昨日の市内一周駅伝大会で活躍した8名。

そして,県大会出場を決めた女子バレーボール少年団等の紹介もありました。

さて,先日の学習発表会で,見事な「話す・聞く・読む」活動を披露した子どもたち。

今度は,ぜひとも「書く」活動への転移を・・・。

文集「かごしま」(小下・小上・中・高),文集「くまげ」の購読希望を募っています。

もちろん,わたしは5冊セットで申し込みました。そして,配本を待って,一気に完読します。

いいと思った作品,魅力的な表現部分に付箋をつけ,題名や素材の傾向を感じ取ります。

「書かれた『いい』作品」に多く接すれば接するほど,素材表現等の選択肢は広がるのです。

指導者が読む,保護者が子どもたちと一緒に読んで感想交流をする。

まずは手元に置いて,表現のよさを実感することからではないでしょうか。日記も変わりますよ。

西村天囚さんが『天の声』として,強くお勧めしている日かもしれません。

                                              pencil管理人clip

2011年11月27日 (日曜日)

「師走の足音」聞きながら

海とかもめ  金子みすゞ

海は青いとおもってた,かもめは白いと思ってた。

だのに,今見る,この海も,かもめのはねも,ねずみ色。

Dscn3613 Dscn3605 

みな知ってるとおもってた。だけどもそれはうそでした。

空は青いと知ってます,雪は白いと知ってます。


みんな見てます,知ってます,けれどもそれもうそかしら。

11月最後の週,そして12月に入る週を迎えます。種子島もすっかり冬景色。

「師走の足音」が聞こえてきますね。心あたたかく,新しい月曜日を・・・。

今日は鹿児島でした。南日本新聞社で行われた表彰式に出席し,帰ってきました。

一昨年に続いての,「新聞感想文コンクール」学校賞受賞です。

「新聞」については,本校にも実は大きな功労者がいます。明日の全校朝会で話しましょう。

明日は,県庁で優秀教員表彰式,土曜日はJA作品コンクール学校賞表彰式と祝報続きです。

                                               clover管理人clover

2011年11月26日 (土曜日)

たけうまの巨人

高さ約1メートルの部分に足を乗せ,巧みに歩く子どもたち。

そのバランス感覚には驚きます。

Dscn3695 Dscn3688

さて今日は,友達との限られた時間を,どこでどのように楽しみましょうか・・・。

たけうまの巨人は,青空に向かってそびえ立つ「スカイツリー」のシルエットを見せています。

                                               upwardleft管理人downwardright

2011年11月25日 (金曜日)

ステージで殻を破る

「美しいもの」をよしとする,情操面の育成が大事になる時代。

「情操」は,今日の学習発表会のように,人と人との関わりの中で自然に芽生えていきます。

Dscn3726 Dscn3716

1年生に勇気百倍もらい,3年生から「みんなちがって,みんないい」ことを確かに知る。

そして,ニュース番組「天才5年生」に笑い,何でもできるようになったことに感心した第一部。

Dscn3730 Dscn3723

2年生の「グングンぐんどく」に学びの成果を見て,4年生のオペレッタにぐっと涙をこらえ,

6年生から「西郷さんとわたしたちをつなぐ」歴史の深さを教えられた第二部。

Dscn3739 Dscn3745

発表するまでの過程において,一人一人の子どもが相手の役割を考え,認め合い協力する。

観客を意識しながら,かねてより広いステージで緊張しながら全力で演奏したり歌ったりする。

自分の考えや調べたことを,自分の言葉で,大きな声で表現する。

Dscn3747 Dscn3751

さらに,友達の演技や演奏に触れ,すばらしいな,あんなになりたいなと感じる。

すべてが,教室の中では味わえない感動を呼び,その心を深める「ステージ」。

家庭でも,今日の子どもたちのがんばりをほめたり,感動を伝えたりしてください。

Dscn3752 Dscn3755

ステージで殻を破った子どもが,大きな自信をもち3学期を迎える例を多く見てきています。

今回の学習発表会も,改めて一人一人の成長,底力を感じる素敵な時間になりました。

Dscn3724 Dscn3756

たくさんの保護者のみなさんから,精一杯の拍手をいただきました。ありがとうございます。

エンドロールで固まった6年生のピースサインscissorsが,まだ瞳のスクリーンに残っています・・・。

                                               dog管理人cat