フォトアルバム
Powered by Six Apart

2018年8月14日 (火曜日)

歴史を語る榕(アコウ)の木~ふるさと歴史散歩②

  2018年8月14日(火曜日)

  8月14日(火)学校付近の歴史を見てみましょうeye
 皆さんが通っている榕城小学校の校庭にある榕(アコウ)の木xmasについて振り返ってみましょう。では,どんな歴史があったのでしょうか。 

Img_1

Img_3

 江戸時代西之表村は,上西之表村,中西之表村,下西之表村に分かれていました。種子島家では,士族を城の近くに住まわせて日頃の行政や,いざというときに備えをさせていたそうです。その地域は,野首(のくび),松畠(まつばたけ),中目(なかめ),納曽(のうそ),中野(なかの)の六郷で府元(ふもと)(麓)と言われており,この府元と西町,東町西之表と呼んでいたそうです。(ふるさと歴史散歩:西之表市教育委員会編集発行参照)
 

Img_2_2

Img_4

 西之表は,あちこちにアコウの木が生い茂っていたことから「赤尾木(あかおぎ)」と呼ばれ,島主の館(1624年,現在の榕城中から榕城小へ移転)は,近くに大きなアコウの木があったことから,いつしか人々に「赤尾木城(あかおぎじょう)」と呼ばれ親しまれていたということです。
 アコウは,四国,九州,台湾の海岸から低地に自生するクワ科の常緑高木(じょうりょくこうぼく)で,枝から気根(きこん)を出し,それが地中に入り新しい幹となって大木になります。この木を雀榕(アコウ)というところから,赤尾木城跡につくられた小学校「榕城小学校」と名付けられたとのことです。(ふるさと歴史散歩:西之表市教育委員会編集発行参照) 
  

Img_7

   このアコウの木は,樹齢450年を超える言われており,長い月日の間,冬は自らの葉を落として島特有の強い北西の季節風に耐え,夏は度重なる台風の襲来にも耐え生き抜いてきました。 

Img_5

   アコウの木xmasも,きっと「榕城魂」の教育理念(人は誠実でなければ,役に立つ人間にはなれない。きまりを守って,礼儀正しくすることが大事である。)を踏まえながら,子ども達がすくすくと成長するよう本校142年の歴史と伝統をじっと見守ってくれているheart01ことだと思います。

2018年8月13日 (月曜日)

榕城小は「赤尾木城(あかおぎじょう)」跡~ふるさと歴史散歩①

   2018年8月13日(月曜日)

   8月13日(月)sun学校付近の歴史を見てみましょうeye
 皆さんが通っている榕城小学校お城のあった場所にあります。では,どんな歴史があったのでしょうか。 

Img_1

Img_3


 榕城小は,赤尾木城(あかおぎじょう)[上之城とも呼ばれたの跡に建てられています。寛永元年(1624年)第17代島主忠時(ただとき)内城(現在の榕城中学校)より榕城小に移転させ明治2年(1869年)版籍奉還まで約250年間にわたって種子島家の居城であったとされています。

Img_4

Img2

   第19代島主久基(ひさもと)が山鹿(やまが)流の築城法によって整備されたこの城にはアコウの大木xmasが生い茂っていたことから赤尾木城と呼ばれていたとのことです。
 

Img_5

Img_9_2

 明治11年赤尾木城跡に設置された小学校(ふるさと歴史散歩:西之表市教育委員会編集発行参照)は「榕城小学校」と命名され,土塁の一部が当時の様子を物語っています。
 皆さんが,毎日登校してくる正門付近は,赤尾木城の跡が見える場所だと思います。当時の様子を思い浮かべてみてほしいと思います。
  現在は,西之表市の文化財として,昭和34年8月10日に指定されています。

Img_7

Img_8


   また,榕城小学校の正面玄関や建物にもお城をイメージした工夫が施されています。様々な人々の思いの深さを感じるheart01ことができます。
 

2018年8月12日 (日曜日)

暑さに負けずに育つ生き物たち~理科室のメダカたち

   2018年8月12日(日曜日)

   8月12日(日),理科室のメダカpiscesの様子を見てみましょうeye
 5年生の理科の学習で取り扱ったメダカpiscesに赤ちゃんが生まれ,メダカの赤ちゃんも暑さに負けずに大きく育っています。 

Img_1

Img_2

 それぞれの大きさごとに分けられた水槽の中で,生活しています。
   小さなメダカ用のえさをあげると,メダカpiscesの赤ちゃん群れになって寄ってきます
 口をぱくぱくと開けながら,えさを喜んで食べています。暑い日が続いていますが,食欲旺盛のようです。

Img_3

Img_4


 夏休みに入り,23日めになりますが,メダカたちも日に日に大きくなっているようです。2学期に再会できたときには,さらに大きくなっていることだ思います。

Img_5

Img_6

 2学期での子ども達との出会いをメダカたちも楽しみにしている思います。

2018年8月10日 (金曜日)

グランド整備工事進む~工期は8月31日まで~

  2018年8月10日(金曜日)

  8月7日(水)から榕城小学校グランド整備工事baseballが始まっています。工期は,8月31日までとなります。 

Img_1

Img_2

   まず,グランドの表土をブルドーザーで一定の高さまで削り取っていきます
   次に,トラックが運んできた新しいグランドの土を,校庭全体に広げていきます
 最後に,大きなローラーでグランドの土をならしていきます
 一日一日グランドの状態がよくなっていきますshine

Img_3

Img_4

   今回の工事を受けて,校庭の水はけがこれまでよりも改善され体育学習等がしやすい状況になることだと思います。子ども達が登校する日には,整備された新しいグランドsoccerになっていることと思います。2学期がとても楽しみですheart01

Img_5

Img_6

  夏休み期間中,グランドを使用される予定だった少年団関係者soccerや外部団体等baseballの方々にはご迷惑をおかけしますご理解・ご協力の程よろしくお願いします

Img_7

Img_8

2018年8月 9日 (木曜日)

暑さに負けずに育つ草花たち~「あいさつと花と読書」の榕城小

 2018年8月9日(木曜日)

   8月9日(木),校庭にある草花の様を見てみましょう。
   各学年の花壇の花も暑さsunに負けずに大きく育っています
 6年生の花壇には,ヒマワリ大きな花をつけています。花が太陽sunの方向に向かって笑っているようでした。一つ一つの花には,個性があって表情に違いがあるようです。

Img_1

Img_2

 職員室の前には,マリーゴールドニチニチソウがきれいな花をつけています。
 校長室の前には,サルビアが真っ赤な花をつけています。緑色の葉が土台となって花が一層鮮やかに見えます。

Img_3

Img_4

    

 体育館の前には,プランターにきれいに植えられたニチニチソウが花をつけています。
 暑い日が続いていますが,草花の様子をみていると,heart01が和みます訪れるお客様や出校日に戻ってくる子ども達もきっと,気持ちよく学校に入校するのだろうと思います

Img_6

Img_7

 

 夏休み期間中は,日直の職員や技師さんたちが中心となって草花の世話をしてもらっています。草花への水かけや除草,花の摘み取り,花壇の中耕などをしてもらい,草花たちも元気よく育っています

Img_12

Img_13

 草花たちも2学期の始業式に向けて暑さsunに負けずに,大きく生長しています。子ども達の登校する日を草花たちも心待ちにしています

2018年8月 8日 (水曜日)

グランド整備工事始まる~工期は8月31日まで

 2018年8月8日(水曜日)

 8月7日(火)から榕城小学校グランド整備工事が始まりました。工期は,8月31日までとなります。
 これまでに雨天時等にプール側の校庭にぬかるみができて,学校行事・体育学習等が中々できない状況や駐車場にも使用できない状況がありました。

Img_1

Img_4
 今回の工事を受けて,校庭の水はけがこれまでよりも改善され,体育学習等がしやすい状況になることだと思います。また,少々の雨の場合でも,グランド整備等を行い,校庭使用ができるようになることだと思います。
  秋の大運動会が晴天のもと,開催できることを心よりお祈りしたいと思います。
  2学期からの学校行事や体育学習が楽しみです

Img_3  

Img_2

Img_5