« 朝の体力つくり~持久走大会に向けて | メイン | 人権学習~「あなたのキラリにびっくりポン」 »

2016年11月14日 (月曜日)

いのちの授業

県助産師会から2名の助産師さんを招いて「いじょちの授業」を行いました。

この授業には,本校5年児童と現和小・下西小・国上小の児童や先生方,本校職員と児童保護者も参加しました。

Img_22611身体の成長の様子を絵とともに,大切な言葉を教えてくださいました。

Img_22631 赤ちゃんが生まれるまでの過程や生まれたときの様子(がんばって生まれてきた赤ちゃん,真っ赤な顔をしているから「赤ちゃん」)を紙芝居で分かりやすく説明してくださいました。

Img_22621 本校職員が実際に妊婦さんの状態を疑似体験しました。(腰への負担・足下が見づらい・膝が痛い・身体の向きが変えにくいなど)

そして,代表の児童が生まれてくる赤ちゃんを体験しました。

Img_22651 「暑い,きつい…」「生まれた!ほっとした。」「うれしい」

Img_22701 「みんなの命は,ずっと繋がっています。みなさんが生まれてくるまで,家族は心配もしながらとても楽しみに待ち,生まれてきたときの喜びは何物にも代え難いものです。」

子供たちは,命の不思議と大切さ・成長の喜びとともに,生きていることの意味を理解できたと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/488730/34003282

いのちの授業を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿