フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 春が近づいています | メイン | 鉄砲太鼓隊お披露目 »

2018年2月27日 (火曜日)

生まれてきてくれてありがとう~ いのちの授業

26日(月)に,県助産師会から2名の助産師さんを迎え,5年生を対象に「いのちの授業」を行いました。(市内の小学校も参加しました。また,保護者も参加しました。)

はじめに,命のつながりについてお話があり,「一人の命は,10代遡ると2046人,20代遡ると100万人以上の命がつながって生まれてきます。」ということに,子ども達は驚いていました。

それと同時に,自分たちは奇跡的な確率で生まれてきているということ・とても貴重な存在であることにも気付いたようです。

そして,子ども達がこれから迎える思春期について学びました。

Img_3840 「思春期は,子どもの国から大人の国へ渡っていく橋のようなもの。とても不安ですが,みんなが通ってきました。心配いりません。」

次に,赤ちゃんがお母さんのおなかの中で育つ様子を,成長を追った人形で見てみました。

そして,実際に生まれる前の時期を職員が体験しました。

Img_3845

Img_3846 「きつい,重い,肩がこる,腰が痛い…。」わずか30分足らずで体のあちこちが悲鳴を上げます。

「しかし,おなかの中の子どもの成長と生まれてくることへの楽しみ・子どもへの愛おしさがそれを乗り越えさせてくれます。」

それから,おなかの中の子どもの心臓の音・生まれたときの産声などを聞かせていただきました。

そして,代表の子どもが,実際に産道を通って生まれてくる赤ちゃんの疑似体験をしました。

Img_3848

Img_3849 「きつい。大変だ。手も使えないし…。」でも,みんなが楽しみに待っていてくれた。

このようにして生まれてきた赤ちゃんを,みんな笑顔で迎え,家族が笑顔に包まれます。

最後に,

Img_3853 生まれてきてくれてありがとう。生きているだけで100点満点。

子ども達は,命のつながりと自分たち自身がどんなに大切な存在なのかということ・同じようにみんなが大切な存在であることを学びました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/488730/34108963

生まれてきてくれてありがとう~ いのちの授業を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿