フォトアルバム
Powered by Six Apart

« つくし顔出し・さくら咲く | メイン | 傘の花咲く学校坂道 »

2011年2月24日 (木曜日)

定時退庁日をどう過ごすか

今日は,私的なつぶやきです。

本校でも推奨・実施している,職員の定時退庁日(水曜日)。

業務に追われる毎日の中にも,仕事配分を工夫し,週半ばをリラックスして過ごそうというねらい。

なかなか実行できない日もありますが,「意識するかしないか」で,どうにでもなるものです。

それぞれが,思い思いに過ごせる自由度をもつ「少しだけ長い夜の時間帯」。

Dscn0649 Dscn0648

わたしの定時退庁日は,「読書時間の確保」がテーマです。

この日は,少しでも活字とじっくり向き合う時間を作ろうと,机の上に一冊を置いて・・・。

不思議なもので,習慣付いてくると,無理や不自然さを感じなくなりますね。

これは,ノーテレビ時間の設定や,それこそ歯みがきの習慣化と同じではないかと考えます。

本を読み,あれこれ思いを巡らす時間。単行本だけでなく,タウン誌にビジネス誌,漫画まで。

決して「無駄」でなく「夢多い,夢多(むだ)」な時間なんだと、今週もまた言い聞かせて・・・。

                                              sandclock管理人japanesetea

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/488730/26038039

定時退庁日をどう過ごすかを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿