フォトアルバム
Powered by Six Apart

2018年12月12日 (水曜日)

全校音楽~小学校生活最後の音楽発表~

  2018年12月12日(水)

  12月12日水曜日全校音楽において6年生の発表がありました。
 まず,はじめに「ふるさと」の合唱でした。きれいな曲に合わせながら,やさしい歌声が体育館いっぱいに広がっていました。ふるさとの様子が浮かんでくるようでした。 

Img_1
 次にクラッピングファンタジー」の合奏でした。ピアノや鍵盤ハーモニカの演奏を中心に,手拍子がテンポよく入っていました。ピアノや鍵盤ハーモニカの音色と手拍子が一つになって,すばらしいハーモニーをつくっていました。

Img_2 

 最後に,他の学年からの感想発表がありました。
 1年生:「6年生はすごく上手でした。」
 3年生:「リズムがとてもそろっていて,きれいでした。」
 5年生:「6年生みんなの息が,ぴったり合っていてよかったです。」
 4年生:「息のあった手拍子がとてもきれいでした。」

Img_3

Img_5

 早朝から,保護者方々も多数来校され,子ども達の発表の様子を熱心に参観していただきました。応援していただきまして,ありがとうございました。
 6年生は,小学校生活最後の音楽発表となりました。きれいな歌声や心を一つにしてそろえた手拍子は,さすがでした。残り少ない小学校生活が思い出に残るように精一杯過ごしてほしいと思います。 

2018年12月 9日 (日曜日)

家庭・学校・地域とともに歩むPTA活動のあり方を求めて~市PTA活動研究委嘱公開

   2018年12月8日(土曜日)

   12月8日,土曜日午後1時から,市民会館ホールにおいて平成30年度市PTA活動研究委嘱公開が開催されました。今回の運営・研究発表担当校は,榕城小PTAになりました。

Img_3

Img_1

   アトラクションでは,榕城小鉄砲太鼓隊と榕城小児童合唱団の演奏がありました。鉄砲太鼓隊の演奏では,「鉄砲太鼓」「薩摩の響き」,児童合唱団の合唱では,「いのちの歌」 「TOMORROW」等の発表があり,会場いっぱいに重厚な太鼓の響きや天使の歌声を広げていました。

Img_2_2

Img_4

   次に,バーバラ植村先生による「前向きに生きるために」の演題の下,全体講演がありました。講演の中で,子どもの目標は自分で決めさせる。自立させる。自分で経験させることが大切です。子どもを褒めるときには,嘘を言わない。本当の気持ちで言うことが何よりも大切です。あきらめなければ,夢は叶います。最後に,会場全体で,3つのキーワード「大丈夫。大丈夫。」「できる。できる。」「幸せ。幸せ。」を唱え,みんなで広げ前向きな気持ちを分けていただきました

Img_5

Img_6

   ホール入口では,各専門部等の活動内容の紹介のパネル展示,PTAによる郷土のお菓子等の提供もありました。

Img_7

Img_8

   研究協議の中で,榕城小PTAの活動発表が行われました。スライド等を活用し,校区の概要,研究テーマ,各専門部活動紹介,成果と課題についてわかりやすく紹介がありました。

Img_9

Img_11

   子どもたちの健やかな成長のために,家庭・学校・地域が一つになって共に歩んでいくことの大切さが再確認することができた公開となりました。会の運営,活動紹介パネル製作,活動発表資料,会場準備,郷土のお菓子の準備等様々な面で協力をいただきましたPTA会員・地域の皆様に心より感謝申し上げます

Img_12

Img_13

2018年12月 7日 (金曜日)

明日の持久走大会に向かって~1・2年生の試走

  2018年12月7日(金曜日)

  12月7日,1・2年生は金曜日2校時において,持久走大会に向けての試走がありました。明日の校内持久走大会前の試走となりました。

Img_1

Img_2

   1年生は校庭を3周回るコース,2年生は校庭+校舎周辺のコースを走りました。これまでの練習の成果を発揮しようと,元気よく走り出しました。自分の目標に向かって,自分のペースを考えながら走っています。周りの友達や先生方から,「フレフレ。がんばれ。」「がんばれ。ここからペースを上げていこう。」「ラストスパートだよ。」と大きな声援が送られていました

Img_3

Img_4

   本番でも最初から最後まで同じリズムで走ることができるように,自分の目標をしっかりともって最後の調整を行い,自己新記録を目指してほしいと思います。

Img_5

Img_6

   これまでの大会記録を振り返ってみますと,以下のとおりでした。
    ※(1・2年生はH20以降,3年生以上はH25以降の記録になります。)
 1年(720m)  :男子 2分54秒(H28) , 女子 3分08秒(H29)
 2年(900m)  :男子 3分28秒(H29)  ,女子 3分41秒(H21)
 3年(1000m):男子 3分47秒(H28)  ,女子 4分08秒(H29)
   4年(1300m):男子 5分05秒(H28)  ,女子 5分38秒(H27)
   5年(1800m):男子 6分39秒(H25)  ,女子 7分28秒(H28)
   6年(2200m):男子 7分54秒(H26)  ,女子 8分54秒(H28)

Img_7

Img_8

2018年12月 4日 (火曜日)

人権教室~にこにこ旬間(人権旬間)の取組~

  2018年12月4日(火)

  11月26日~12月8日にこにこ旬間(人権旬間)としています。この人権旬間のねらいは,にこにこ旬間での取組や授業を通して,人権についての意識を高め,人権を尊重する(自他の人権を守る,相手のいたみがわかる,差別のおかしさがわかる)子どもを育てる子どもに今の姿を振り返らせ,自分の中にある差別性に気づかせるとともに,私たちも自らを振り返る機会とすることにあります。

Img_1 
  学校内での取組では,低学年でミニポスターの作成,中・高学年で標語の作成に取り組んでいます。去る11月28日水曜日,5校時に高学年の人権教室が開かれました。講師に人権擁護委員の先生をお招きし,ご指導いただきました。DVD「新ちゃんが泣いた」を視聴して,意見交換や人権擁護委員の先生からの講話がありました。

Img_2_2

  子どもたちからは,「体が不自由でも普通に接することが大切である。」という感想が出されました。また,人権擁護委員の先生から以下のことをこれまでの体験を交えて熱く語っていただきました。Img_2

 「自分が好きになってほしい。」「よくないとが周りで起きていたら,見て見ぬ振りはよくない。」「一日一回やさしくする,思いやりのあることを心がける。」「勇気をもつ。」
   これからの学校生活の中で,生かしてほしいと思います。