フォトアルバム
Powered by Six Apart

2020年8月 5日 (水曜日)

元気が戻ってきました 榕(アコウ)の木

   2020年8月5日(水曜日)

   8月5日(水),校庭のシンボルツリー:アコウの木を見てみたいと思います。
 6月の学校便り「SOSシンボルツリー」でお伝えしておりました,本校のシンボルツリーのアコウの木が変化が出てきました。 
   以下の写真は6月末の頃のアコウの木の写真です。

Img_1

Img_2

  4月末~7月中旬までは,南西側の半分の枝や葉が,元気のない状態が続いていました。校区長や町内会長をはじめ地域や保護者からも,アコウの木の診断ができる機関や人々などの紹介等様々な御支援をいただきました。誠にありがとうございました。
  現在,熊毛支庁や市役所の関係機関を通じて,アコウの木の健康診断や今後の対応等についても相談・検討をしていただくようお願いしているところです。

  以下の写真は7月末以降の頃のアコウの木の写真です。

Img_4

Img_5

  さて,4月末~7月中旬まで,南西側の半分の枝や葉が,元気のない状態が続いていた頃,樹木の保護に携わっておられた町内会長様より診断をいただいたことがありました。
 ・3~4月の頃,南西側の強風や塩雨等の影響を受けて枝や葉が損傷したのではないかとのことでした。
 ・シロアリ等の害虫の被害は現在のところ見当たらないとのことでした。
 ・枝やつぼみは元気な状態なので,時間はかかりますが,元の状態にもどることだと思いますとのことでした。

  上記の診断のとおり,7月末からシンボルツリーアコウの木は,元気よく枝を伸ばし,多くの葉を身につけました。

Img_7

Img_6

 終業式や出校日にも,榕城小の子供達を温かく見守ってくれています。
  このアコウの木は,樹齢460年を超えると言われており,長い月日の間,冬は自らの葉を落として島特有の強い北西の季節風に耐え,夏は度重なる台風の襲来にも耐え生き抜いてきました。これからも榕城小のシンボルツリーとして,子供達をいつまでも元気な姿で見守ってほしいと思います。

2020年8月 4日 (火曜日)

構成的グループエンカウンターの活用~校内研修:生徒指導~

 2020年8月4日(火)

 8月4日火曜日,9時15分から,パソコン室において,生徒指導に関する校内研修が行われました。講師は生徒指導の先生を中心に進められました。
 最初に,エンカウンターや構成的グループエンカウンターの定義について説明がありました。エンカウンターとは,本音を表現し合い,それを互いに認め合う体験のこと。この体験が,自分や他者への気付きを深めさせ,人とともに生きる喜びや,自分の道を力強く歩む勇気をもたらしてくれます。

Img_1_2

Img_3_2

 構成的グループエンカウンターとは,リーダーの指示した課題をグループで行い,そのときの気持ちを率直に語り合うこと「心と心のキャッチボール」を通して,徐々にエンカウンター体験を深めていくものです。この活動を通して,自己理解・他者理解・自己受容・感受性の促進・信頼体験の6つのねらいを満たすことができます。

Img_2

Img_5_2

 次に,構成的グループエンカウンターの手順について,確認がありました。
 ①ウォーミングアップ:関係づくりと心身の準備運動をする。②インストラクション:最低限のルールを明確に伝え,徹底する。③エクササイズ:みんなで同じ体験をすることで,共通の場で起こる感情を共有したり,仲間意識を高めたりする。④シェアリング:気付きや感情を明確化し,他の人と共有する。

Img_4

Img_6_2

 「WANTED」というエクササイズの紹介・実践がありました。進め方は,①ペアをつくり,自己紹介してからジャンケンをします。②勝った人は,相手が「YES」と答えると思う質問をシートの中から一つ選び,質問します。「運動部に所属していたことがある。」「楽器が弾ける。」等。③相手の答えが「YES」なら,シート下の番号に○をつける。「NO」なら,そのまま次の相手を探します。
 今回の研修を通して,今後の学級づくりや仲間づくりに生かしてほしいと思います。

2020年8月 3日 (月曜日)

元気な声が戻ってきました~第1回目の出校日~

   2020年8月3日(月曜日)

   8月3日(月),夏休み期間中の第1回目の出校日。子ども達は,大きな事故やけがもなく元気に登校してきました。静かだった校舎も,子ども達の元気な挨拶の声でとてもにぎやかになりました。今日の全校朝会は,コロナウイルス感染症対策と熱中症対策のため,校内放送による全校朝会を実施しました。

Img_1

Img_2

  全校朝会では,学校長から「11日間の夏休みの振り返り」「伝えたい私からあなたへ:西之表市の空襲の体験」「3つのお願いの確認」の話がありました。「夏休みの振り返り」では,ラジオ体操や早寝・早起き・朝ご飯,お手伝い,挨拶について,家庭や地域での実践の振り返りがありました。また,少年団や鉄砲太鼓隊等の活躍の紹介がありました。「伝えたい私からあなたへ:西之表市の空襲の体験」紹介では,作者が小学校6年時のときの空襲体験や大口市や伊佐郡に疎開したこと,いもめし弁当のこと等がありました。また,お家の人と平和について考える機会をつくってほしいとのお願いもありました。

Img_3

Img_4

  それぞれの学級では,夏休みの生活の確認や課題帳の確認,本の貸し出し,清掃等を行っていました。
 明日からまた残りの楽しい夏休みが始まります。全ての子ども達が,けがや事故に遭うことなく,コロナウイルス感染症防止の対策を行いながら元気に過ごし,学校では中々体験できないことに挑戦し,一回りたくましくなって学校に戻ってくることを楽しみにしています。

Img_5

Img_7