フォトアルバム
Powered by Six Apart

2018年2月23日 (金曜日)

春が近づいています

2月も下旬になり,寒さの中にも少しずつ春を感じられるようになりました。

Img_38361 校庭の桜の花も咲き始めました。

子ども達のインフルエンザも収まり,校庭では,上着を脱いで縄跳び・ボール遊びに興じている姿が見られます。

そして,学習面では,これまでの学習でできるようになったこと・不十分なことを確かめ,来年度へ向けて仕上げに取り組んでいます。

2018年2月15日 (木曜日)

半成人式~ 子ども達の健全な成長を願って

4年生は,10才になります。そこで,成人の半分の年齢になったことを祝うとともに心身の健全な成長を願い「半成人式」を行いました。

Img_0979 式には,たくさんの保護者の方々にも参加いただき,子ども達のこれまでの成長の跡を思い,それぞれの夢や頑張っていること・得意なことの発表を見ていただきました。

Img_3799

Img_3801 旧担任・保護者代表からもお祝いの挨拶をいただきました。

Img_3803 会場後ろには,図工の作品・習字・思い出のアルバム(手作り)などを展示し,日頃の学習の成果を見ていただきました。

Img_3806 自分の名前に込められた思いの発表。「自分の名前に自信を持ち、大切にしていきたい。」

将来の夢の発表。「命を救う医者になりたい。」「サッカーを頑張っていく。」

Img_3805 運動会で披露した「ソーラン」をみんなで踊りました。

Img_0998

Img_3814

Img_3823 得意なこと・頑張っていること発表

Img_3824 そして,全員で合唱。4年生は,市合唱祭にも参加しました。

本校教育理念「榕城魂」を胸に,子ども達が自分の将来の夢に向かって,心身共にたくましく健やかに成長していけるよう,これからも学校・保護者・地域・関係機関がたずさえて育てていきたいと思います。

2018年2月14日 (水曜日)

防災教室~ 建設業の仕事に学ぶ

5年生が,鹿児島県建設業青年部の方々7名を講師に,土砂災害等の防災について学習しました。

Img_3791_2

Img_3792まず,土砂災害について,鹿児島県で発生する災害の7割が土砂災害であること・私たちの榕城校区にも危険な崖等がたくさんあることに子ども達は驚いているようでした。

そして,DVDで土石流・崖崩れ・地滑りの怖さとそれらを防止するための様々な工夫について学習しました。それと同時に,被害に遭わないためには,どう準備し行動すればいいのか,ハザードマップの活用や避難訓練の大切さを改めて確認できました。

また,防災・災害復旧に建設業の方々がどう関わっているのか,子ども達の知らなかった建設業という仕事・役割について「町づくり」「生活を守る」「生活が便利になる」観点から教えていただき,災害対策や復旧に活躍されていうることを知ることができました。

Img_3796

 対策のない場合,下流域の家屋や橋・自動車なども土砂に見立てたビー玉で押し流されてしまいます。

Img_3798 一方,砂防ダムのある川では,大量の土砂が下流域まで流れ出すことがありません。

子ども達は,土砂災害を防ぐための方法のひとつである砂防ダムの仕組みとその効果について,模型を使っての実験から具体的に学ぶことができました。

学校でも,地域と協力して危険箇所の確認や子ども達への具体的な指導に役立てていきたいと思います。