フォトアルバム
Powered by Six Apart

2020年1月22日 (水曜日)

最後の全校音楽~3年生の音楽発表~

   2020年1月22日(水)

   1月22日水曜日,「全校音楽」において3年生の発表がありました。
 まず,はじめに「パフ」の合奏でした。リコーダーやピアノ,鉄琴,カスタネット,バスキーボードの音色が体育館いっぱいに広がっていました。3年生は,2学期から初めてリコーダーを学び,学年一体となった発表になりました。

Img_1

Img_2

 次に,「ちびっこカウボーイ」の合唱でした。「みんなで楽しく歌います。聞いてください。」と元気よく紹介もありました。
 他の学年からの感想発表がありました。
 「きれいな歌声でした。みんなの声が響いていました。」
 「いろいろな楽器が重なって,きれいな合奏になっていました。」
 「リコーダーは,3年生になってから習ったばかりなのに,よく演奏していました。」

Img_3

Img_4

  最後に,全校児童による全体合唱「はじめの一歩」(作詞:新沢としひこ)を歌いました。
 「信じることを忘れちゃいけない。 必ず朝は訪れるから。」
 「ぼくらの夢をなくしちゃいけない。 きっといつかは叶うはずだよ。」
 「はじめの一歩。明日に一歩。 今日から何もかもが新しい。」
 「はじめの一歩。明日に一歩。生まれ変わって,大きく一歩 歩き出せ。」

Img_5

Img_7

   早朝から,保護者方々も多数来校され,子ども達の発表の様子を熱心に参観していただきました。応援していただきまして,ありがとうございました。
  
 

2020年1月21日 (火曜日)

薬物乱用の恐ろしさを知っていますか?~第6学年

  2020年1月21日(火曜日)

   1月21日(火)5校時,6年生の「薬物乱用教育」が行われました。
   本日は,学校薬剤師の先生にDVD視聴と講話をお願いしました。
   まず,「薬物乱用」とは,お医者さんや薬剤師さんの指示を守らずに,薬を勝手に飲んだり,医療目的ではない例えばシンナー等を吸ったりすることということでした。未成年者がタバコを吸ったりお酒を飲んだりすることも入ります。
   一度使っただけでも「乱用」になること。法令により禁止・制限を受けているので,犯罪になるとのことでした。

Img_0

Img_2

    乱用薬物の種類には,シンナーや麻薬(けしという植物から採れる薬物),覚せい剤(麻黄という植物から作られた薬物),MDMA(覚せい剤に似た合成麻薬),大麻,危険ドラッグ(「合法ハーブ」「お香」「アロマオイル」「バズソルト」等と称していますが,実際には薬物乱用をあおる目的で販売されている)があります。

 (参照:県薬剤師会「薬物乱用の恐ろしさを あなたは知っていますか?」)

Img_3

Img_4

    薬物は,脳に侵入し,正常な働きを侵すことになります。薬物に依存する力は非常に強く,やめたくてもやめられなくなる状態になります。心と体のバランスが崩れ,本人だけでなく,周囲の人にも迷惑をかけてしまいます。薬物がほしいために,借金をしたり犯罪に巻き込まれたりすることもあります。
    甘い言葉にだまされないように,気をつけてほしいと思います。 

Img_6

Img_7

   最後に,アルコールやたばこについて学習しました。未成年者の飲酒は健全な成長を妨げることを教えてもらいました。10歳くらいから体が急激に発達し,「2次成長」も始まります。大事な成長の時期の飲酒は,体や脳に悪い影響を及ぼすことがあることを学びました。また,たばこの煙の成分には,ニコチン(依存症の原因)やタール(がんの原因),一酸化炭素(酸欠の原因)が含まれ,体に悪いものが入っていることも学びました。

2020年1月19日 (日曜日)

第42回市スポーツ少年団親子駅伝大会~榕城サッカーAチーム 優勝

  2020年1月19日(日曜日)

  1月19日(日),あっぽーランドにおいて第42回市スポーツ少年団親子駅伝大会が開催されました。 開会式までは小雨状態の肌寒い曇りの日でしたが,駅伝大会を応援するかのように,時間が経つにつれ,だんだん晴れ間も見えてきました。
 

Img_1_2

Img_2_2

 大会規定に応じた正式出場チームは,団員6名,指導者1名,父母2名の合計9名と なります。今年の正式出場チームは,5チームとなりました。また,指定区間を1名ではなく,複数の選手でオープン出場チームは,16チームとなりました。    

Img_3_2

Img_4_2

  これまでそれぞれのチームで練習してきた成果を十分に発揮し,1本の襷に思いを込め,団員・保護者・指導者それぞれの選手がゴールを目指して走り抜きました。
 

Img_5_2

Img_6_2

Img_7

Img_8_3

    今年度の結果は,以下のとおりとなりました。
 
   【第42回市スポーツ少年団親子駅伝大会:正式チームの部】
    優 勝:榕城サッカーAチーム(24分02秒)
    準優勝:下西サッカーAチーム(24分39秒)
    第3位:下西ソフトAチーム(24分50秒)
    第4位:榕城バレーAチーム(25分32秒)
    第5位:榕城サッカーBチーム(25分38秒)

Img_10

Img_9

2020年1月16日 (木曜日)

鹿児島学習定着度調査~第5学年~

  2020年1月15日(水曜日)

  1月15日~16日,5年生において鹿児島学習定着度調査が始まりました。
  15日には,国語,理科の調査が行われ,16日には社会,算数が行われました。
 この調査の趣旨は,学習指導要領において身に付けることが求められている基礎的・基本的な知識・技能や思考力・判断力・表現力等に関する学力状況を把握するとともに,児童生徒の学習に関する意識や学び方などの学習状況を把握することになります。
 

Img_1

Img_2

 本校では,日頃から「教師4か条」「児童4か条」の学習のきまりを決めて,基礎的・基本的な知識・技能を定着させるための習熟の時間の充実や思考力・判断力・表現力等を育成するための指導法の研修に努めています。    

Img_3

Img_4

   また,チェンジアップ榕城(学力向上推進月間の取組:年3回)や学校全体による補充指導,かごしま学力向上支援Web・過去問の活用等にも取り組んできています。これまでに学習してきた力を十分発揮してほしいと思います。

Img_5

Img_6

2020年1月13日 (月曜日)

大的始式(おまとはじめしき)~「満つれば欠くる」~:県指定無形民俗文化財~

   2020年1月11日(土曜日)

   1月11日(土),栖林神社において,大的始式(おまとはじめしき)が行われました。
 この式は,直径175cmの大的を射て,その年の悪鬼災難などを祓い清め,島内の平安・無病息災を祈願する古式ゆかしい行事です。

Img_1_2

Img_3

   第12代島主種子島忠時に弓の指南役として招かれた武田筑後守光長(たけだちくごのかみみつなが)が,文亀元年(1501年)に宮中の御的始式(おんまとはじめしき)を伝えたのがその起源で,500年以上にわたり受け継がれているそうです。 
 

Img_6

Img_4_2

 大的始式は,松明(たいまつ)を焚き,種子島家御紋の陣幕を張り巡らした中で行われ,射手は2人組で3番6射をなし,6人の射手が合わせて36本の矢で大的を射ることになります。35本までの矢が的中するとき,「満(み)つれば欠(か)くる」の戒めにより,最後の1射は故意にはずされるそうです。  

 

Img_7

Img_8_2

 特に,師範役の「本座に着かっしゃれ」「はずまっしゃれ」などのかけ声は,約500年前の室町時代の様子を再現するものらしいです。  
   今年は,矢取り役を本校のEさんが担当しました。小雨の中,伝統行事をしっかりと受け継ぐ姿が輝いていました。

Img_11

Img_12

  新年の始めに,古式ゆかしい行事に参加させていただき,その年の無病息災を祈願することができました。「満(み)つれば欠(か)くる」の戒めの心を受け継がれている種子島の人々の心の持ちようを感じる日となりました。