フォトアルバム
Powered by Six Apart

2019年2月16日 (土曜日)

半成人式~今までの10年,これからの10年~

  2019年2月15日(金)

  2月15日金曜日,5~6校時,4年生の「半成人式」が行われました。
 この半成人式は,今までの成長や生き方を振り返り,家庭や自分を支えてくれる人々への感謝の気持ちをもつとともに,これからの人生を夢や希望をもって生きていこうとする態度を育てることをねらいとしています。

Img_3

Img_4

 半成人式には,多くの保護者の方々やお世話になった先生方にも参加していただき,子どもたちのこれまでの成長の跡やそれぞれの夢や各学級の発表などを見ていただきました。会場の後ろには,児童の作品や思い出のアルバムなども展示され,日頃の学習の成果も見ていただきました。

Img_5

Img_6

   第2部では,各学級からの発表がありました。1組は,「ロケットについて」の発表でした。遠足での見学や宇宙教室を通して製作したバルーンロケットで飛行距離を競い合ったこと等を振り返っていました。2組は,「黒潮アートについて」の発表でした。街を活性化するために,ベンチをアートで工夫したり,防波堤を魚でイメージしてアートで彩ったりしたことを伝えていました。3組は,「種子島の魅力について」の発表でした。安納芋などの特産品のある種子島に住むことができて,とても幸せであることや鉄砲館のコンシェルジュを体験して,種子島の歴史が今まで以上に分かるようになったこと等を伝えました。

Img_7

Img_8

   最後に,子どもたちから保護者や先生方へメッセージが送られました。「まだまだ迷惑をかけますが,これからも見守ってください。これからもいろいろなものに挑戦していきます。」と。子どもたちのはきはきした態度や動作表現を取り入れた発表には,高学年として活躍する姿を感じさせるものでした。5年生での活躍がとても楽しみです。

Img_10

Img_11

2019年2月13日 (水曜日)

授業参観~市教頭研修会会場校~

   2019年2月12日(火)

   2月12日火曜日,13時30分から市教頭研修会が本校を会場に行われました。

Img_1

Img_2

 5校時は,全学級の授業参観がありました。5年生の国語や外国語,2年生の道徳,4年生の国語,6年生の理科など,学年に応じた工夫を行いながら授業を行っていました。

Img_3_2

Img_4_2

  教頭先生方や市教育委員会の先生方からは,ICTを活用した授業の工夫や一人一人に応じた個別指導や支援態勢,発問の工夫等が見られた授業が多かったという感想をいただきました。これからの授業づくりや子どもたちの力を伸ばす取組に生かしていきたいと思います。

Img_5_2

Img_7_2

2019年2月10日 (日曜日)

生活を守り,町をささえる~建設ってどんな仕事?~

  2019年2月9日(土)

  2月9日土曜日,2校時,鹿児島県建設業青年部会種子島支部から5名の方を講師にお招きし,5年生が建設の仕事や土砂災害等の防災について学習しました。
 まず,建設業の仕事について,ビデオや副読本による解説を交えながら,急傾斜災害,土砂災害,舗装工事により,命や家などを守る仕事であることを丁寧に教えていただきました。(参照:一般社団法人全国建設業協会「建設ってどんなしごと?」パンフレット)

Image1

Img_2390_2
 そして,建設業の役割としては,土地・建物などのインフラ整備や台風や地震発生による復旧工事, 砂防工事(砂防ダム建設)があるとのことでした。
 特に,鹿児島県はシラス土壌のため日本一土砂災害が多いということでした。砂防用のダムを一つ造るのに3年位かかることを知り,子どもたちも驚いているようでした。

Image2
  また,土石流,がけ崩れ,地滑りのしくみを映像や模型による実験を通して,学習しました。砂防ダムがある場所と無い場所での被害の違いを模型で実験し,砂防ダムの仕組みとその効果を実感することができました。 西之表市内には5か所の砂防ダムがあることも教えていただきました。

Image3

Img_3163

  子どもたちからの感想からは,以下のようなものがありました。
  「建設業の人々が私たちの生活や命を守ってくれている。」
  「砂防ダムが災害を少なくしてくれている。」
 「模型を使った実験で,ダムの役割がよく分かった。」
  学校でも地域の方々と協力して危険箇所の確認や子どもたちへの具体的な指導に役立てていきたいと思います。