フォトアルバム
Powered by Six Apart

2018年7月19日 (木曜日)

自分の命を守るために~3年生着衣水泳~

 2018年7月19日(木曜日) 

 7月19日木曜日,3年生の着衣水泳がありました。
 水泳学習も終わり,各学年では最後の学習として「着衣水泳」を行っています。
 衣服を身につけたまま泳いだ場合,水の抵抗等を考えさせながら学習しました。
  「全身の力を抜いて,落ち着いて体を浮かせます。」
 「洋服があると,浮くのがなかなか難しいです。」

Img_1
 「もし,おぼれそうになったとき,どうすればよいですか。」を考えてみます。
 「何か浮くものを使えばいい。」
 「皆さんが知っている浮くものは,どんなものがありますか。」
 「ペットボトル,浮き輪,発泡スチロールです。」
  もし,おぼれた人を見つけた場合は,
   ① 助けを呼ぶ。(自分一人で対応しない。助けようとした人もおぼれてしまう。)
     ② 浮くものを投げてあげる。
     ③ ペットボトルを使う場合,おなかでラッコのように抱えると持ちやすい。
     ④ 1個のペットボトルよりも,2個の方が浮きやすい。

Img_2

Img_3 
 もし,おぼれそうになったときは,慌てないこと,近くにある何か浮くものを探すこと,まわりに助けを求めることなどを学習しました。

Img_4

2018年7月14日 (土曜日)

こんなに泳げるようになりました~1年生水泳大会~

2018年7月14日(土曜日)

 7月14日土曜日,1年生の水泳大会がありました。
 小学校生活初めての水泳大会になります。これまで練習してきた成果を発表する日になり,1年生も張り切って準備をしていました。

Img_1

Img_2
 最初に,顔をつける準備運動から始めました。
   ① 水の中に顔をつけます。5つ数えます。
     ② 頭の中まで入ります。5つ数えます。「わー。」
     ③ 頭の中まで入ります。5つ数えます。「わー。」「できた。」「ぼくもできたよ。」
     ④ 洗濯機をします。先生のもっている輪を勢いよくくぐっていきます。

Img_3 

   次に,種目別競技に入りました。
   さすがは,榕城小学校の1年生です。先生の指示をしっかり聞いて,きちんと並んで待っていました。3ヶ月の学校生活で,大きな成長を見せてくれています。

 Img_4

  「いろいろな泳ぎをしよう」では,あひるさんやいるかさん,トッピ-になってそれぞれの泳ぎに挑戦していました。
   あひるさんチームでは,鼻のところまで顔をつけて泳いでいました。中には,目のところまで顔をつけられるお友達もいました。
  いるかさんチームでは,いるかのように元気よくジャンプして顔をつけて泳ぎました。
 トッピ-チームでは,壁を蹴ってまっすぐ進む泳ぎをしました。中には,5メートルぐらい進むトッピ-(トビウオ)もいました。

Img_5
  「宝探し」では,2分間顔をつけながら,水中の宝物を見つけるゲームです。
 「がんばれ。」「いっぱいあるよ。」「ここだよ。」「あと10秒。」
   周りからの大きな応援の声も飛び交っていました。20個の宝物を見つけたお友達もいました。       5・6年生の先輩たちのように,浦田遠泳大会に出場できるよう,これからも泳力を少しずつ高めてほしいと思います。

2018年7月13日 (金曜日)

種子島宇宙センター50周年記念講演~県理科教育研究大会熊毛大会~

  2018年7月6日(金)

 7月6日金曜日,県理科教育研究大会熊毛地区大会に係る講演が行われました。本日は,「種子島宇宙センター50周年記念講演」という演題で,鹿児島宇宙センターの方にご講演をいただきました。
  まず,この仕事を選んだのは,スケールの大きな研究開発にチャレンジしたいという思いからで,現在,HⅡAロケットの開発・運用や燃焼試験等にも従事されていらっしゃるとのことでした。Img_1
 ロケットの役割は,気象,カーナビ(GPS),スマホ(携帯電話),BS放送,災害情報等の活用があり,特にこれからは無人トラクターや車の自動運転等に生かされていくとのことでした。 Img_2

 第1宇宙速度は,人工衛星がすれすれに回る速さで,秒速7.9kmである。第2宇宙速度は,秒速11.2kmである。火星に行くためには第2宇宙速度が必要であるとのことでした。
 HⅡA・HⅡBロケットの特徴は,以下の3つである。 

      ① 打ち上げの成功率が高い(約98%)。

  ② 定時打ち上げ率(オンタイム率)が高い(約98%)〔日本人の国民性が出ている。〕。       

  ③ 打ち上げ価格が高い。  

Img_3
 HⅡBロケットの総重量は,57m,530トンである。
  ① 燃料総重量は,460トンで総重量の約85%である。(飛行機は50%,車は4%)
  ② 燃料タンクの厚さは,3mmである。(直径は5.2m)

Img_4

 本日は,種子島宇宙センターやロケットについて,映像等を取り入れながら分かりやすく教えていただきました。休みの日や宇宙センターのイベント等で,種子島宇宙センターを訪れることがありましたら,是非ロケットの歴史や仕組み等について,それぞれの問いをもって更に深めてほしいと思います。

2018年7月12日 (木曜日)

小学校最後の水泳大会~6年生水泳大会~

2018年7月11日(水曜日)

   7月11日水曜日,6年生の水泳大会がありました。
 これまでの水泳学習の成果を発表する時間となりました。また,6年生にとっては,小学校生活最後の大会となります。

Img_1

 6年生の「50m自由形」「50m平泳ぎ」では,各学級の選手の皆さんで競争しました。さすがは高学年の泳ぎです。水しぶきを上げながら,力強い腕の動きや効果的な息継ぎを入れ懸命に泳いでいました。
 最後まで泳いでいるお友達に,「がんばって。」「がんばれ〇〇さん。」「〇〇,チャチャチャ(拍手)。」と,みんなで声をそろえながら大きな声を張り上げていました。

Img_2

Img_3
 6年生の「学級対抗リレー」では,学級のみんなで一体となって取り組んでいました。さすがは6年生の泳ぎです。腕をしっかり伸ばし,全力で水をかき,力強いバタ足で懸命に泳ぎ,それぞれの泳ぎで友達にバトンパスをしていました。
 学級の友達から,「がんばって。」「がんばれ〇〇さん。」「あと少し。」と大きな声が飛んでいました。
 泳いでいたお友達も,これまで以上に元気をもらい,バタ足にさらに力が入ったことだと思います。
 担任の先生も真剣です。「〇〇君,アンカーです。」「最後だよ。」と声援が飛んでいました。

Img_4

Img_5

 これまで学習してきたそれぞれの泳ぎを発表していました。クロール,ビート板を使ってのバタ足,息つぎをいれながらのクロール等々。6月初めから練習をはじめ,成長した自分自身の力強い泳ぎを保護者の方々に表現していました。
   遊泳上のきまりを守って,夏休みも泳力を高めてほしいと思います。

Img_6

2018年7月11日 (水曜日)

全校音楽~5年生の音楽発表~

  2018年7月11日(水) 

 7月11日水曜日,全校音楽で5年生の発表がありました。
 まず,はじめに「いつでも あの海は」の合唱でした。「種子島の海をイメージして歌います。」と,元気よく曲の紹介をしてくれました。 

Img_1
 次に,「ビリーブ」の合唱でした。「友達との友情を思い浮かべながら,歌います。」と,曲の紹介がありました。さすがは,5年生です。学年全体の声をそろえ,きれいなハーモニーで歌っていました。
  「悲しみ,苦しみが いつの日か喜びに変わるだろう・・・信じてる」
  「世界中の優しさで この地球を包みたい・・・・・」
これまで培ってきた友情,友達同士のつながりを思い浮かべながら歌っていました。

Img_2 

 最後に,他の学年からの感想発表がありました。
 1年生:「泣きそうなぐらい感動しました。」
 2年生:「とてもきれいな歌声でした。」
 6年生:「きれいな歌声で感動しました。」 

Img_4

Img_3_2
 早朝から,保護者方々も来校され,子ども達の発表の様子を熱心に参観していただきました。応援していただきまして,ありがとうございました。
 5年生のきれいな歌声で,素敵な一日の始まりになりました。
 

2018年7月 9日 (月曜日)

ふるさとに生きる人々を見つめてⅡ~第4学年 総合的な学習の時間~

  2018年7月9日(月)

  7月9日月曜日,4年生では総合的な学習の時間を生かし,「ふるさとに生きる人々を見つめて」の学習を行いました。
 本日は,地元のホテルで働く方と郷土のお菓子の製造に携わっている方に「仕事のやりがい」というテーマでお話をしていただきました。

Img_1
 まず,ホテルで働く方のお話では,ホテルは鉄砲伝来450年を記念して建てられ,26年目とのこと。フロント,レストランの2つの部署がある。結婚式などがあるときは,みんなで力を合わせて対応しているとのことでした。
  この仕事を選んだのは,人とかかわる仕事が好きであったこと。ホテルに来てくださった人が喜んで帰ってもらえることが一番うれしいとのことでした。

Img_2

    小学生の皆さんに伝えたいことは,種子島のよさを伝えるためには,自分たちの故郷のことを知って,種子島のいいところをたくさん見つけることが大切です。大人になって,島外に出てみると,種子島のよさが分かるようになります。例えば,浦田海水浴場の美しさ等。種子島のよさをもっと知るために,種子島火縄銃協会という団体等に入って,勉強されているとのことでした。 

 Img_3
 次に,郷土のお菓子の製造に携わっている方のお話では,3つの仕事をされているとのことでした。1つは,「らっきょ飴」をつくる仕事。市内のダイワ,サンシード,ホテル等でも販売しているとのこと。飴を食べてもらって「おいしかった」という声が一番うれしくて,やりがいになるとのことでした。2つめは,栄養士の仕事。病院の食事の献立をつくっているとのこと。バランスよく食べていただいて,早く病気やけがを治してほしいと思いながら仕事をしているとのこと。3つめは,介護支援専門員(ケアマネージャー)。60歳以上のおじいさん,おばあさん達の食事や介護等のお手伝いをする仕事をしているとのこと。 

Img_4

 小学生の皆さんに伝えたいことは,皆さんがおじいさん,おばあさんになったときにも,お孫さん達へ話ができるように,何でも挑戦し語り継げるようにしてほしいとのことでした。友達を大切にして,いい思い出をいっぱいつくってほしいとのことでした。