フォトアルバム
Powered by Six Apart

2019年5月22日 (水曜日)

全校体育「長縄」に挑戦!

  2019年5月22日(水曜日)

  5月22日,朝の活動において,全校体育がありました。今日の活動は,「長縄」です。
 今年の一校一運動は,「縄跳び」と「持久走」になります。昨年度の体力・運動能力調査結果をもとに,「持久走」「縄跳び」に力を入れていきます。また,「長縄跳び」については,チャレンジかごしまの記録にも挑戦してほしいと思います。

Img_1_2

Img_2_2

 各学級で,8の字跳びに挑戦していました。長縄の記録をつくるためには,長縄に入るタイミング,長縄から出るタイミング,長縄の回し方などいろいろなコツがあります。それぞれの学級で練習しながら,上手に跳べるコツを見つけてほしいと思います。

Img_3_2

Img_4_2

  これから1年間,各学級において練習を重ね,記録更新目指してがんばってほしいと思います。記録に挑戦しながら,友達の跳び方や取り組み方のよさをたくさん見つけ,すばらしい学級づくりにも生かしてほしいと思います。
  今日の記録では,6年生で210回,4年生で230回の記録が出ていました。長縄大会目指して,記録を伸ばしてほしいと思います。

Img_5_2

Img_6_2

2019年5月21日 (火曜日)

「不審者対応避難訓練」~不審者から命を守る~

   2019年5月21日(火曜日)

   本日の避難訓練は,不審者が交流ホール付近に侵入したことを想定し,非常事態における心構えや避難方法の訓練を,警察署の方々のご指導を受けながら実施しました。

Img_1

Img_2

  全学年の児童は「オ・ア・シ・ス・ハ」のきまりをしっかりと守り,慌てることなく 急いで避難していました。    

       不審者への対応の仕方のきまり【「オ・ア・シ・ス・ハ」】
   オ : 落ち着く
   ア : 安全を確かめる
   シ : 指示に従う
   ス : 素早く逃げる
     ハ   : はなれる

Img_3

Img_4

 警察署の方から,不審者に会ったときの対応の仕方について,分かりやすく指導していただきました。
 【不審者に会った場合の子供の対応の仕方】
 ○ 不審者はいつ来るのか分からない。 
 ○ 「助けて」と大きな声を出す。(校内でも練習しました。)
 ○ 周りの人に知らせる。

Img_5

Img_6

  【不審者に会った場合の校内対応】
   ○ 一人で対応しない。                     ○ 不審者と適度な距離をとる。 
 ○ 不審者がどこへ行ったのかを伝える ○ なるべく平坦な場所で対応する。

    不審者はいつどこで出会うのか分かりません。校内への侵入,登下校時の場合,遊びの途中,休日の場合など,様々な対応が考えられます。自分の命をどのように守るかが非常に大切になってきます。
 今回の避難訓練を基に様々な場合を想定し,いざというときのための避難方法について,考えていきたいと思います。また,ご家庭でも子供110番の家の確認や避難方法等を考える機会にしていただければと思います。